TOP

ミサワホームの「EDUCE KURA」の建築日記及び、その後の生活を綴っています。これから家を建てる人達への参考のため、さらには特定メーカーの商品を検討する人達への参考になればと思います。

<< 2023/01 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
選択カテゴリTOP > テレビ・映画

「チェンジリング」を観てきました

 映画の無料チケットが当たりまして、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」を観てきました。

 以降、ストーリーの核心に触れる部分があります。
 ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった。1928年ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。(公式サイトより)

 とても重厚なお話でした。クリント・イーストウッドというと私なんかダーティハリーとかガントレットとかファイヤーフォックスを思い出して、アクション中心のイメージがあるのですが、こういう重苦しくも切ない映画を撮るんですね。そしてアンジェリーナ・ジョリーの熱演が光ってます。音楽もとてもいいです。トランペット、ピアノ、バイオリンを使ったメインテーマがとても印象的でした。

 実際にあった話だそうで、まあ映画用に少しは脚色してもいるんでしょうが、全編重苦しい雰囲気に包まれ、目を背けたくなるシーンもあります(だからPG-12指定)。どうやら息子は連続少年誘拐犯の手にかかってしまったっぽいのですが、最後に、息子と一緒に逃亡した少年が見つかり、ひょっとしたら生きているかもしれないというわずかな希望を見いだして終わります。ラストシーンで「生涯息子を捜した」とテロップが出るので、おそらく見つからなかったのでしょうけど。

 楽しい話じゃないし、爽快感がある内容でもないですが、見終わった後に心にずっしりと残る良作でした。ヤッターマンを見ようかと思ってたんですが、直前で変えて良かった(笑)。
テレビ・映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit

Comments

Comment Form


Trackbacks

CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER